[明石かがやき]チューターの声 Vol.9 with いっちゃん


チューターネーム:いっちゃん

・開始時期 2015年11月〜

活動に参加されたきっかけを教えてください

団体の理事の方々が高校時代の先輩で、大学生になったら何らかの形で活動に参加してみたいと思っていました。

そこで「かがやき」 に来てみないか、と声をかけてもらい参加させてもらうようになりました。教師を目指していることもあり、子どもと関わる機会を増やしたいと思っていたことも理由です。

 

楽しいのはどんな時ですか?

すべてが楽しいです。

「わかりやすかった」と言ってくれたり、言葉にしなくても(わかった!)という顔をしてくれた瞬間、ヨシ! って気持ちになります。本当にその瞬間に立ち合うことが幸せです 。

また、子どもたちが自分のことを話してくれるようになると年齢の壁なんて忘れてしまうぐらいです。仲良くなれることが純粋に嬉しいです。
――そうです!年齢差を忘れる瞬間ってありますね。
  何気ない本音を聞けるとき、心を開いてくれたんだと嬉しくなりま す。

 

子どもたちと接する上で気を付けていることは?

言葉の選び方や態度です。

特に子どもやチューターの数が増えてから、当たり前のことかもしれませんが「いろんな考え方、受け取り方をする人がいる」ということを実感しました。わかりにくい言葉選びや誤解を生むような態度はとらないように心がけています。
――客観的に自分を見ることって簡単ではないですよね。

 

これからチューターになりたいと思っている方へ

「子どもに勉強を教えるなんて不安…」と思っている方がいるかもしれませんが、勉強を教えるだけが学習支援ではないと思っています。

私たちと一緒に、 子どもたちが少しでも笑って過ごせるような「かがやき」 をつくっていきましょう!

 

最後になりましたがご支援して頂いている皆さまへメッセージ です

ご支援ありがとうございます。この活動は何より、支援をしてくださる方々のおかげで成り立っています。

そうしてできた場所や機会を無駄にせず、私たちチューターは真摯に子どもたちと向き合っていきます。

 

▽スタッフ紹介ページには、いっちゃんの紹介も載っています。合わせてそちらもぜひご覧ください。
 【リンク】スタッフ紹介ページはこちら

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

本記事は12月1日〜12月31日にJapanGivingで行なっていたクラウドファンディングの支援者向け活動報告をWebサイトに転載しています。

兵庫子ども支援団体では様々な環境下におかれている子どもたちに学習のサポートや居場所を提供しています。
現在、明石市や加東市にて活動を行なっていますが、活動資金が不足しています。月々1,000円〜のマンスリーサポーターを募集しています!

兵庫子ども支援団体の活動について知りたい方、ご支援いただいた資金が何に使われているか知りたい方、
マンスリーサポーターにご興味のある方は下記ページをご覧ください。

【リンク】マンスリーサポーターのご案内について

▼無料でご支援いただけます
下記バナーよりアクセス、ページ中ほどにある「応援する」へクリックお願いします。
1週間の合計ポイントに応じて兵庫子ども支援団体に支援金が届けられます!クリックは1日1回。

『兵庫子ども支援団体』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~